不眠症の原因、症状、対策、治療法など徹底解説します





更年期障害と不眠症

更年期障害と不眠症

9l.jpg女性は更年期になると、卵巣からのホルモンの分泌が低下するため夜間のほてりや発汗などが生じ、このことが原因で夜眠れないようなるといわれています。

また、高齢になると、卵巣の老化の影響により、早期覚醒や浅い眠りが多くなると言われています。

このような女性の更年期の不眠症をは長期に渡り不眠が継続するため精神的に不安になってうつ病になったりもします。

不眠の症状がひどいときには、更年期に減少するエストロゲンとプロゲストロンを併用投与するホルモン補充療法をするのもいいかもしれません。

眠れなくなったらまず医者に行き、適切な治療をするようにこころがけましょう。






Page: 1




サイト内検索


RSS2.0