不眠症の原因、症状、対策、治療法など徹底解説します





高齢者と睡眠薬

高齢者と睡眠薬

5l.jpg今回は高齢者の方が睡眠薬を服用する際の注意点について説明します。

不眠は、「入眠困難」、「中途覚醒」、「早朝覚醒」、「熟睡困難」の大きく4つに分けられすが、高齢になると、とくに、その中でも「早朝覚醒」の症状がよくでてきます。これは明け方に目が覚めてしまうというものです。

この早期覚醒を直す場合などに睡眠薬を用いるのですが、高齢者の方が睡眠薬を飲んだ場合、若い人に比して体内の睡眠薬の分解スピードが遅く、作用時間が意図しているよりも長引くことがあります。

また、高齢になると、夜中にトイレに起きることが多くなりがちですが、睡眠薬を服用していると脱力が起こり足元がふらつき、転倒の恐れがあります。これは非常に危険なことです。それに健忘が生じることもあります。

このような副作用が考えられる事から、高齢者が睡眠薬を摂取する際には、若い人の半量程度からはじめることが一般的です。

そこで副作用がないようでしたら、様子をみて徐々に睡眠薬の量を増やしていくのです。

現在多く利用されている睡眠薬は「ベンゾジアゼピン系」と呼ばれるものですが、「非ベンゾジアゼピン系」という新しいタイプの睡眠薬もあります。

これは、脱力が生じることがなく、足元のふらつきによる転倒などを避けることができるため高齢者に使われることがあります。

とにかく高齢者が睡眠薬を使用する場合は副作用をしっかりとチェックし、医師の指導のもと適切な量の睡眠薬を服用する事が大切です。

何かおかしいと感じたら必ず医者に相談するようにしましょう。






Page: 1




サイト内検索


RSS2.0