不眠症の原因、症状、対策、治療法など徹底解説します





睡眠改善薬について

睡眠改善薬について~総論

睡眠薬は処方箋がなくては手に入れることはできません。

しかし睡眠改善薬でしたら薬局で処方箋なしで購入することができます。

睡眠改善薬は一時的な不眠を対象としていて、継続的な不眠症は対象にしてはいないのが特徴です。

睡眠改善薬について~どのような場合に用いるか

睡眠改善薬は一時的な不眠を対象を対象としています。

それでは具体的にどのような症状の場合に効果的なのでしょうか。

12w.jpg①ストレスの為に、寝つきが悪い場合

②イライラが理由でなかなか寝つけない場合

③プレゼンなど大事な仕事のある前日など、緊張してなかなか眠れない場合

④時差ぼけで眠れない場合⑤普段と違った環境であるため寝つきが悪い場合

⑥昼夜逆転など不規則な生活が元で眠れない場合


上記のような場合のみ睡眠改善薬は使用されます。

睡眠改善薬~眠気を催すメカニズム

13w.jpg睡眠改善薬の主な成分として中枢作用の強い抗ヒスタミン剤である塩酸ジフェンヒドラミンが配合されています。

塩酸ジフェンヒドラミンは皮膚のかゆみを鎮める、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を抑える目的で広く使用されていますが副作用として眠気がでてきます。


実はこの副作用を利用してつくられたのが睡眠改善薬なのです。

副作用を逆に利用するとは興味深い事ですよね。

現在ではさまざまな睡眠改善薬が薬局にならんでいますが、主成分である塩酸ジフェンヒドラミンと共通しており、大きな違いはありません。






Page: 1




サイト内検索


RSS2.0