不眠症の原因、症状、対策、治療法など徹底解説します





不眠症の薬データベース

睡眠薬情報~アサシオン

10l.jpg

製品名

アサシオン0.25mg錠

一般的名称
トリアゾラム製剤

有効成分(1錠中)
トリアゾラム0.25mg

製造販売業者等の名称
販売元 : 日本ケミファ株式会社
製造販売元 : 長生堂製薬株式会社

効能又は効果
不眠症、麻酔前投薬

作用時間
超短時間作用型

主な作用
不眠には,環境,体調などさまざまな誘因が考えられますが,中には,はっきりした原因がわからず,不眠を訴える場合があります。この薬は,脳に直接作用して,催眠作用と鎮静作用を示すので,不眠症の治療に用います。また,筋肉を弛緩させる作用もあるので,麻酔の前の処置にも用いられます。


副作用など
ふらつき,倦怠感,運動反射機能の減退,耳鳴り,舌のもつれ,動悸,肝障害などが起こることがあります。また,中途で目覚めたときのことを忘れてしまう健忘症があります。イトラコナゾール,フルコナゾールなどの抗真菌剤との併用では,トリアゾラムの作用が延長するので,併用を避けます。同じくシメチジン,マクロライド系抗生物質もトリアゾラムの作用を増強します。またリファンピシン(抗生物質)との併用で作用が弱くなるので,併用は避けたほうがよいです。また,カルシウム拮抗性血圧降下剤のジルチアゼムとの併用で,トリアゾラムの作用が増強されるという報告もあります。

用い方と注意
就床前に内服します。個人差があるので,少量から始め,注意深く増やしていく性質の薬です。症状が改善されたら,減量に努力しましょう。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に中止すると,副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。この薬を服用している間は,起きてからもねむ気が残ったりすることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。

(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう) 


睡眠薬情報~アスコマーナ

1hu.jpg








販売名

アスコマーナ錠0.25

一般的名称
トリアゾラム製剤

有効成分(1錠中)
トリアゾラム0.25mg

製造販売業者等の名称
製造販売元 : 日新製薬株式会社

効能又は効果
不眠症、麻酔前投薬

作用時間
超短時間作用型

主な作用
不眠には,環境,体調などさまざまな誘因が考えられますが,中には,はっきりした原因がわからず,不眠を訴える場合があります。この薬は,脳に直接作用して,催眠作用と鎮静作用を示すので,不眠症の治療に用います。また,筋肉を弛緩させる作用もあるので,麻酔の前の処置にも用いられます。

副作用など
ふらつき,倦怠感,運動反射機能の減退,耳鳴り,舌のもつれ,動悸,肝障害などが起こることがあります。また,中途で目覚めたときのことを忘れてしまう健忘症があります。イトラコナゾール,フルコナゾールなどの抗真菌剤との併用では,トリアゾラムの作用が延長するので,併用を避けます。同じくシメチジン, マクロライド系抗生物質もトリアゾラムの作用を増強します。またリファンピシン(抗生物質)との併用で作用が弱くなるので,併用は避けたほうがよいです。また,カルシウム拮抗性血圧降下剤のジルチアゼムとの併用で,トリアゾラムの作用が増強されるという報告もあります。

用い方と注意
就床前に内服します。個人差があるので,少量から始め,注意深く増やしていく性質の薬です。症状が改善されたら,減量に努力しましょう。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に中止すると,副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。この薬を服用している間は, 起きてからもねむ気が残ったりすることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。

(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)

睡眠薬情報~ネスゲン

2hu.jpg
販売名

ネスゲン錠「0.25」

一般的名称
トリアゾラム錠

有効成分(1錠中)
トリアゾラム0.25mg

製造販売業者等の名称
発売元 : マイラン製薬株式会社
製造販売元 : 辰巳化学株式会社

効能又は効果
不眠症、麻酔前投薬

作用時間
超短時間作用型


主な作用
不眠には,環境,体調などさまざまな誘因が考えられますが,中には,はっきりした原因がわからず,不眠を訴える場合があります。この薬は,脳に直接作用して,催眠作用と鎮静作用を示すので,不眠症の治療に用います。また,筋肉を弛緩させる作用もあるので,麻酔の前の処置にも用いられます。



副作用など
ふらつき,倦怠感,運動反射機能の減退,耳鳴り,舌のもつれ,動悸,肝障害などが起こることがあります。また,中途で目覚めたときのことを忘れてしまう健忘症があります。イトラコナゾール,フルコナゾールなどの抗真菌剤との併用では,トリアゾラムの作用が延長するので,併用を避けます。同じくシメチジン,マクロライド系抗生物質もトリアゾラムの作用を増強します。またリファンピシン(抗生物質)との併用で作用が弱くなるので,併用は避けたほうがよいです。また,カルシウム拮抗性血圧降下剤のジルチアゼムとの併用で,トリアゾラムの作用が増強されるという報告もあります。


用い方と注意
就床前に内服します。個人差があるので,少量から始め,注意深く増やしていく性質の薬です。症状が改善されたら,減量に努力しましょう。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に中止すると,副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。この薬を服用している間は, 起きてからもねむ気が残ったりすることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。

(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)



睡眠薬情報~ハルシオン

3hu.jpg
販売名

ハルシオン0.125mg錠/ハルシオン0.25mg錠

一般的名称
トリアゾラム錠

有効成分(1錠中)
トリアゾラム0.125mg/0.25mg

製造販売業者等の名称
製造販売 : ファイザー株式会社
製造 : 大日本住友製薬株式会社

効能又は効果
不眠症、麻酔前投薬

作用時間
超短時間作用型


主な作用
不眠には,環境,体調などさまざまな誘因が考えられますが,中には,はっきりした原因がわからず,不眠を訴える場合があります。この薬は,脳に直接作用して,催眠作用と鎮静作用を示すので,不眠症の治療に用います。また,筋肉を弛緩させる作用もあるので,麻酔の前の処置にも用いられます。


副作用など
ふらつき,倦怠感,運動反射機能の減退,耳鳴り,舌のもつれ,動悸,肝障害などが起こることがあります。また,中途で目覚めたときのことを忘れてしまう健忘症があります。イトラコナゾール,フルコナゾールなどの抗真菌剤との併用では,トリアゾラムの作用が延長するので,併用を避けます。同じくシメチジン,マクロライド系抗生物質もトリアゾラムの作用を増強します。またリファンピシン(抗生物質)との併用で作用が弱くなるので,併用は避けたほうがよいです。また,カルシウム拮抗性血圧降下剤のジルチアゼムとの併用で,トリアゾラムの作用が増強されるという報告もあります。


用い方と注意
就床前に内服します。個人差があるので,少量から始め,注意深く増やしていく性質の薬です。症状が改善されたら,減量に努力しましょう。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に中止すると,副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。この薬を服用している間は, 起きてからもねむ気が残ったりすることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。

(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)



睡眠薬情報~ハルラック

4hu.jpg
販売名
ハルラック錠0.125mg/ハルラック錠0.25mg

一般的名称
トリアゾラム

有効成分(1錠中)
トリアゾラム0.125mg/0.25mg

製造販売業者等の名称
発売元 : 共和薬品工業株式会社
製造販売元 : 株式会社富士薬品

効能又は効果
不眠症、麻酔前投薬

作用時間

超短時間作用型


主な作用
不眠には,環境,体調などさまざまな誘因が考えられますが,中には,はっきりした原因がわからず,不眠を訴える場合があります。この薬は,脳に直接作用して,催眠作用と鎮静作用を示すので,不眠症の治療に用います。また,筋肉を弛緩させる作用もあるので,麻酔の前の処置にも用いられます。



副作用など
ふらつき,倦怠感,運動反射機能の減退,耳鳴り,舌のもつれ,動悸,肝障害などが起こることがあります。また,中途で目覚めたときのことを忘れてしまう健忘症があります。イトラコナゾール,フルコナゾールなどの抗真菌剤との併用では,トリアゾラムの作用が延長するので,併用を避けます。同じくシメチジン,マクロライド系抗生物質もトリアゾラムの作用を増強します。またリファンピシン(抗生物質)との併用で作用が弱くなるので,併用は避けたほうがよいです。また,カルシウム拮抗性血圧降下剤のジルチアゼムとの併用で,トリアゾラムの作用が増強されるという報告もあります。


用い方と注意
就床前に内服します。個人差があるので,少量から始め,注意深く増やしていく性質の薬です。症状が改善されたら,減量に努力しましょう。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に中止すると,副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。この薬を服用している間は, 起きてからもねむ気が残ったりすることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。

(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)



睡眠薬情報~パルレオン

5hu.jpg
販売名

パルレオン錠0.125mg/パルレオン錠0.25mg

一般的名称
トリアゾラム錠

有効成分(1錠中)
トリアゾラム0.125mg/0.25mg

製造販売業者等の名称
製造販売元 : 大洋薬品工業株式会社

効能又は効果
不眠症、麻酔前投薬

作用時間
超短時間作用型


主な作用
不眠には,環境,体調などさまざまな誘因が考えられますが,中には,はっきりした原因がわからず,不眠を訴える場合があります。この薬は,脳に直接作用して,催眠作用と鎮静作用を示すので,不眠症の治療に用います。また,筋肉を弛緩させる作用もあるので,麻酔の前の処置にも用いられます。

副作用など
ふらつき,倦怠感,運動反射機能の減退,耳鳴り,舌のもつれ,動悸,肝障害などが起こることがあります。また,中途で目覚めたときのことを忘れてしまう健忘症があります。イトラコナゾール,フルコナゾールなどの抗真菌剤との併用では,トリアゾラムの作用が延長するので,併用を避けます。同じくシメチジン,マクロライド系抗生物質もトリアゾラムの作用を増強します。またリファンピシン(抗生物質)との併用で作用が弱くなるので,併用は避けたほうがよいです。また,カルシウム拮抗性血圧降下剤のジルチアゼムとの併用で,トリアゾラムの作用が増強されるという報告もあります。


用い方と注意
就床前に内服します。個人差があるので,少量から始め,注意深く増やしていく性質の薬です。症状が改善されたら,減量に努力しましょう。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に中止すると,副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。この薬を服用している間は, 起きてからもねむ気が残ったりすることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。


(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)



睡眠薬情報~ミンザイン

6hu.jpg

販売名
ミンザイン錠0.25mg

一般的名称
トリアゾラム錠

有効成分(1錠中)
トリアゾラム0.25mg

製造販売業者等の名称
製造販売元 : 日医工株式会社

効能又は効果
不眠症、麻酔前投薬

作用時間
超短時間作用型


主な作用
不眠には,環境,体調などさまざまな誘因が考えられますが,中には,はっきりした原因がわからず,不眠を訴える場合があります。この薬は,脳に直接作用して,催眠作用と鎮静作用を示すので,不眠症の治療に用います。また,筋肉を弛緩させる作用もあるので,麻酔の前の処置にも用いられます。



副作用など
ふらつき,倦怠感,運動反射機能の減退,耳鳴り,舌のもつれ,動悸,肝障害などが起こることがあります。また,中途で目覚めたときのことを忘れてしまう健忘症があります。イトラコナゾール,フルコナゾールなどの抗真菌剤との併用では,トリアゾラムの作用が延長するので,併用を避けます。同じくシメチジン,マクロライド系抗生物質もトリアゾラムの作用を増強します。またリファンピシン(抗生物質)との併用で作用が弱くなるので,併用は避けたほうがよいです。また,カルシウム拮抗性血圧降下剤のジルチアゼムとの併用で,トリアゾラムの作用が増強されるという報告もあります。


用い方と注意
就床前に内服します。個人差があるので,少量から始め,注意深く増やしていく性質の薬です。症状が改善されたら,減量に努力しましょう。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に中止すると,副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。この薬を服用している間は, 起きてからもねむ気が残ったりすることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。


(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)




睡眠薬情報~アモバン

7hu.jpg

販売名

アモバン錠7.5/アモバン錠10

一般的名称
ゾピクロン製剤

有効成分(1錠中)
ゾピクロン7.5mg/10mg

製造販売業者等の名称
製造販売 : サノフィ・アベンティス株式会社

効能又は効果
不眠症の治療薬

作用時間
超短時間作用型


主な作用
脳に働いて,鎮静・催眠作用を示します。また,けいれんを抑える作用ももっています。睡眠は入眠のみならず,総睡眠時間を延ばす効果があります。したがって,主な適応は常習性不眠症です。また,量が多すぎると呼吸抑制作用が現れます。

副作用など
7.5mgと10mgの2種類の錠剤があります。就床前に服用します。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に服用を中止すると副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。くれぐれも大量連用はしないでください。この薬を服用している間は,起きてからもねむ気が残ることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。


用い方と注意
就床前に内服します。個人差があるので,少量から始め,注意深く増やしていく性質の薬です。症状が改善されたら,減量に努力しましょう。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に中止すると,副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。この薬を服用している間は, 起きてからもねむ気が残ったりすることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。


(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)



睡眠薬情報~スローハイム

8hu.jpg

販売名

スローハイム錠7.5/スローハイム錠10

一般的名称
ゾピクロン

有効成分(1錠中)
ゾピクロン7.5mg/10mg

製造販売業者等の名称
製造販売元 : 共和薬品工業株式会社

効能又は効果
不眠症の治療薬

作用時間
超短時間作用型


主な作用
脳に働いて,鎮静・催眠作用を示します。また,けいれんを抑える作用ももっています。睡眠は入眠のみならず,総睡眠時間を延ばす効果があります。したがって,主な適応は常習性不眠症です。また,量が多すぎると呼吸抑制作用が現れます。


副作用など
一般には苦味,ねむ気,口の渇き,ふらつき,頭重,頭痛,倦怠感,吐き気,めまいなどで,まれに激しい過敏症,幻覚,せん妄,錯乱,夢遊病などの精神症状や意識障害が現れることがあります。また中途で目覚めた時のことを忘れてしまう健忘症があります。また,呼吸機能の低下した人では,呼吸抑制のおそれがあります。妊娠中の婦人,小児には使いません。授乳中の婦人にも避けたほうがよいでしょう。大量を連用すると意識障害,呼吸障害,血圧低下の急性中毒を示しますので,救急処置で吐かせるか,胃洗浄などを行います。肝・腎機能の悪い人には,効きすぎて中毒を起こしやすいのでとくに注意を要します。

用い方と注意
7.5mgと10mgの2種類の錠剤があります。就床前に服用します。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に服用を中止すると副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。くれぐれも大量連用はしないでください。この薬を服用している間は,起きてからもねむ気が残ることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。



(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)



睡眠薬情報~ゾピクール

9hu.jpg

販売名

ゾピクール錠7.5/ゾピクール錠10

一般的名称
ゾピクロン錠

有効成分(1錠中)
ゾピクロン7.5mg/10mg

製造販売業者等の名称
製造販売元 : 沢井製薬株式会社

効能又は効果
不眠症の治療薬

作用時間
超短時間作用型


主な作用
脳に働いて,鎮静・催眠作用を示します。また,けいれんを抑える作用ももっています。睡眠は入眠のみならず,総睡眠時間を延ばす効果があります。したがって,主な適応は常習性不眠症です。また,量が多すぎると呼吸抑制作用が現れます。


副作用など
一般には苦味,ねむ気,口の渇き,ふらつき,頭重,頭痛,倦怠感,吐き気,めまいなどで,まれに激しい過敏症,幻覚,せん妄,錯乱,夢遊病などの精神症状や意識障害が現れることがあります。また中途で目覚めた時のことを忘れてしまう健忘症があります。また,呼吸機能の低下した人では,呼吸抑制のおそれがあります。妊娠中の婦人,小児には使いません。授乳中の婦人にも避けたほうがよいでしょう。大量を連用すると意識障害,呼吸障害,血圧低下の急性中毒を示しますので,救急処置で吐かせるか,胃洗浄などを行います。肝・腎機能の悪い人には,効きすぎて中毒を起こしやすいのでとくに注意を要します。

用い方と注意
7.5mgと10mgの2種類の錠剤があります。就床前に服用します。大量に長期間服用すると,依存性を生じ,また勝手な判断で急に服用を中止すると副作用が強く出ることがあるので,指示された服用量を守りましょう。くれぐれも大量連用はしないでください。この薬を服用している間は,起きてからもねむ気が残ることがあるので,危険な作業や車の運転は避けましょう。また,酒類と一緒に飲むと,作用が強く出すぎることがあるので避けましょう。



(参考「ピルブック 薬の事典 2010年版」(発行・販売:ソシム、編集・製作:じほう)








Page: 1 < 2 < 3  次の10件>>




サイト内検索


RSS2.0