不眠症の原因、症状、対策、治療法など徹底解説します





睡眠薬を使用する治療

不眠症の治療~睡眠薬を使用する治療

4r.jpg不眠症の治療に睡眠薬が使われる場合があることは皆さんもご存知だと思います。

では一体どのような場合に睡眠薬が処方されるのでしょうか。

不眠症の治療に睡眠薬が使われる場合は、何らかの疾患がある場合がほとんどです。

たとえうつ病の場合です。抗うつ薬の他に睡眠薬も処方されます。

そして睡眠薬には、種類があります。超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型などです。

超短時間作用型は2時間から4時間の効果があり、入眠障害の方によく処方されます。

そして長時間作用型などの睡眠薬は中途覚醒、早朝覚醒などの治療に使われます。

睡眠薬を処方してもらう中で注意すべきことはやはり副作用です。

朝起きてもまだ薬が残っていて、ふらふらしたり、めまいがしたり。

そのような場合には担当医に事情を説明して薬を変えてもらうようにして下さい。






Page: 1




サイト内検索


RSS2.0