不眠症の原因、症状、対策、治療法など徹底解説します





不眠症の対策

不眠症対策~総論

11.gif不眠症は基本的に自律神経のバランスが狂い、交感神経の緊張が異常に興奮している事に起因しています。

交感神経が緊張したままでは、不眠症は改善されないのです。

したがって不眠症の対策として非常に重要なことは交感神経の興奮を抑えることということになります。


しかしながら一体どうすれば交感神経の興奮を抑えることができるのでしょうか。

交感神経の興奮を抑えるためには日常生活の行動を再度見つめなおす必要があります。


不眠症対策~興奮しすぎない

12.gifまず前提として交感神経についての解説を少し加えます。

交感神経とは、活動・緊張・ストレスの神経で活動している時や、怒り、不安、恐怖、緊張している時にはたらくことを覚えておきましょう。

仕事に集中しすぎたり、運動しすぎたり、ストレスを強く感じたりすると、交感神経を緊張させます。

それが原因で不眠症になってしまいます。

昼間に怒ったり、怖がったり、仕事に集中しすぎたりして交感神経が緊張して興奮いると、なかなか収まりません。

夜になっても交感神経の緊張がおさまらず興奮状態になってしまうと、とてもではないですが脳は眠れないので不眠症になってしまいます。

不眠症を改善させるには、日ごろから、運動のしすぎや、ストレスをためないようにする、怒ったり、怖がったりしないようにして、交感神経の興奮をさせないようにする事が大切です。




不眠症対策~カフェインを控える

12a.jpgカフェインを摂取すると交感神経が刺激されて興奮状態になり、不眠症の原因になってしまいます。

不眠症の方は、6ヶ月以上(できれば1年間)はカフェインが入った飲み物をやめましょう。カフェインを取る習慣のある人は大変ですが、不眠症を改善させるには必要不可欠のことです。


カフェインのはいった飲み物としてはコーヒー、緑茶、紅茶、ココアなどがあります。

不眠症の人はこれらのカフェインの入った飲み物を飲まないようにしましょう。

飲むのは水で我慢しましょう。

不眠症かもしれないという疑いがある場合にはまずカフェインの摂取を制限してみましょう。それだけで不眠症が解消されるかもしれません。

ただ不眠症には様々な原因があるのでしっかりと原因を突き止める姿勢は常にもっていなければなりません。


不眠症対策~寝る準備をしっかりする

13a.jpg不眠症対策として寝る準備は非常に大切です。

不眠症の方は普通の人よりも、体内の寝る準備、つまり交感神経の興奮を抑えるのに、非常に時間がかかります。

なので交感神経の興奮を抑える準備を早めからする必要があるわけですね。

普通の方が布団に入って30分もすれば眠たくなるのに対し、不眠症の方、特に入眠障害の方だと、布団に入ってから3時間も眠れないような状態が続くことがほとんどです。

ですから布団に入る前から、ゆっくりと時間をかけて交感神経を鎮める必要があります。

これが不眠症を改善させるには非常に大切な事なのです。

具体的には就寝前3時間からはテレビやパソコンは禁止です。映像のチカチカが交感神経を刺激し興奮させてしまいます。

また就寝前3時間から部屋の電気を暗くしましょう。

なぜなら人間は光で自律神経が興奮するようにできています。光は安眠に大敵なんです。

寝る準備としてゆっくりとお風呂に入ることもおすすめです。

お湯の温度は38度~40度くらいのぬるめのお湯で、ゆっくりと浸かります。体の芯まで暖めると、体は体温を少し下げようとします。そのときに副交感神経(眠る神経)が作用してくるのです。

副交感神経は、体温を低くする作用もあります。寝ている時の体温は、昼間より1度くらい低いのです。お風呂で上がった体温を体が下げようとすると、副交感神経が機能しなければならないと思うのです。そのため、お風呂上りは少しずつ、副交感神経が働き始めるのです。

ゆっくりと温めのお湯に使ったら、その後に軽くストレッチ体操をするようにしましょう。

ストレッチすることにより筋肉がほぐれ血流がよくなります。そしてからだ全体がリラックスできるようになります。

以上が不眠症対策としての寝る準備についてでした。






Page: 1




サイト内検索


RSS2.0