不眠症の原因、症状、対策、治療法など徹底解説します





入眠障害

不眠症の症状~入眠障害

8a.jpg不眠症の中で寝つきが悪いというのは、入眠障害と呼ばれるタイプの不眠症で、不眠症の中ではこの入眠障害がもっとも多いといえるでしょう。

入眠障害タイプの不眠症は、夜布団に入っても何時間も眠れないという症状を指します。

ただ一日だけ朝まで眠れなかったというだけでは入眠障害タイプの不眠症とはいえません。

では一体、どのような場合が入眠障害タイプの不眠症といえるのでしょうか。

具体的には布団に入っても1時間以上眠れない症状が1週間以上続いた場合、入眠障害タイプの不眠症だと思ってください。

入眠障害タイプの不眠症は、原因を根本から改善しなければなりません。

原因の根本が改善されない限り、不眠症の症状が緩和する事は困難といえるでしょう。

ご自身が入眠障害タイプの不眠症の疑いがある場合にはすぐ専門医の診断を受けるとともにその原因を突き止めて、抜本的な治療をするようにして下さい。






Page: 1




サイト内検索


RSS2.0